タイガーエア台湾の使用機材と座席表

タイガーエア台湾の使用機材と座席表です。


使用機材 A320-200型機
tigera320tw.jpg

タイガーエア台湾は欧州エアバス社のA320-200型機を使用しています。
A320-200型機は近・中距離向けの小型商業旅客機で、LCCでよく使われる機材です。

a320_201504121248048fa.png
※こちらは一般的なA320の仕様です



座席表(シートマップ)と座席指定料金

tigerairseatmap.png
seat01.jpg seat02.jpg

タイガーエア台湾の座席数は180席で、全てエコノミークラスです。
座席の種類は「tigercomfort」「tigerquicker」「tigerbuddy」の3種類。

tigercomfortは1列目と非常口横の12・13列目の席で、足元の空間が広くなっています。
tigerquickerは前方2~4列目の席で、乗り降りに便利です。
tigerbuddyはその他の席です。


■座席指定料金
tigerairseatfee.png

座席指定料金は、
tigercomfortが2,100円〜、tigerquickerが1,200円〜、tigerbuddyが600円〜。
ネットで予約するのが一番安いですね。
なお、座席指定しない場合は料金はかかりません。

使用機材や座席の配置はピーチやバニラエアなどと一緒ですね。
※2017年10月更新


<<スポンサーリンク>>



旅するLCCホームへ