LCCとは

LCCとはローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略で、日本語では格安航空会社を意味します。

格安航空は世界では1970年代ごろから広まっていきましたが、日本では2012年にようやくPeach(ピーチ)、Jetstar(ジェットスター)、AirAsia(エアアジア)のLCC3社が就航してLCC元年となりました。

格安とは言えないまでも、日本にもスカイマーク、スターフライヤー、ソラシドエア、エアドゥなど大手より安い航空会社もありました。しかしそれでもANA(全日空)とJAL(日本航空)の2大航空会社を利用する人が多かったのではないかと思います。
それにはANAとJAL以外の航空会社の存在があまり知られていないという事や、価格差がそれほどないならば大手に乗るという運賃の問題があったのかもしれません。

そこへピーチ、ジェットスター、エアアジアの本格LCC3社が就航し、すぐに高い搭乗率を記録して話題となりました。
それもそのはずで、東京⇄北海道 片道約5,000円、大阪⇄北海道 片道約4,500円、
東京⇄沖縄 片道約5,500円と、これまでの航空運賃からは考えられない安さでした。

各社不定期に行うセールではさらに安い航空券も登場し、そのお得さとイベント感は今までの日本航空業界にはなかった面白みを提供してくれています。
日本で今後ますます広まっていくであろうLCCに、これからも期待しています。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ