ジェットスターと春秋航空、ゴールデンウィーク期間の利用実績発表 2015年5月

 Jetstar-Logo.jpg   springjapanalogo.png


ジェットスターと春秋航空が2015年度ゴールデンウィーク期間(4月28日~5月6日)の利用実績を発表しています。


■Jetstar(ジェットスター)
jetstar2015gw.png

ジェットスターの利用実績は国内線が87.9%、国際線が88.1%。
ジェットスター・ジャパンとしては国際線は前年就航していなかったので前年比はありません。国内線は大幅に伸びました。


■春秋航空
spring2015gw2.png

春秋航空の利用実績は国内線が78.1%。
前年はまだ就航していなかったので前年比はありません。
また、春秋航空日本としては国内線にしか就航していません。


ちなみに、先日書きましたピーチの利用実績は国内線が91.1%、国際線が89.7%、
バニラエアは国内線が88.1%、国際線が86.9%です。
大手ですと、ANAは国内線が70.3%、国際線が79.8%、JALは国内線が73.5%、国際線が85%でした。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ