春秋航空、国際線において日本発線の燃油サーチャージを廃止

springjapanalogo.png


春秋航空は2015年12月1日から、日本発の国際線において燃油サーチャージの廃止を発表しました。
2015年8月から2015年9月における燃油の平均価格が、1バレルあたり60米ドルを下回ったためとしています。

春秋航空では2カ月平均が1バレルあたり60米ドル以下となった時、日本発の国際線において燃油サーチャージの廃止を設定しています。

適用期間は2015年12月1日〜2016年03月31日発券分まで、
1区間あたりの燃油サーチャージが日本発は0円、中国発が280元です。

国際線において燃油サーチャージというものは、航空会社によって要不要が分かれていたりして分かりづらい存在ですよね。航空券の価格に含むことで統一してもらえると助かるのですが。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ