ピーチ、ジェットスター、バニラエア、春秋航空の2015年度年末年始の利用実績

PeachLogo.pngJetstar-Logo.jpg VanillaAirlogo.png springjapanalogo.png


ピーチ、ジェットスター、バニラエア、春秋航空が、2015年度年末年始期間(2015年12月25日~2016年1月3日)における利用実績を発表しました。


■Peach
peach20152016_20160106111917fc6.png


■Jetstar
jetstar20152016_20160106111915096.png


■Vanilla Air
vanilla201520161.png
vanilla201520162.png


■春秋航空(日本国内線のみ)
syunzyu20152016_20160106111919e3e.png

ピーチは提供座席数と総旅客数が共に昨年度よりも増え、利用率も国内・国際線で90%前後と高い値でした。

ジェットスターは昨年度よりも提供座席数を減らしたものの総旅客数は増え、利用率も上がりました。国際線はジェットスター・ジャパンとしては今年から就航したので、前年比はありません。

バニラエアは提供座席数と旅客数が前年比で約1.5倍に増え、利用率も90%以上と高い値でした。

春秋航空の国内線は1路線減らした影響もあってか、提供座席数は減らしたものの搭乗数は増え、搭乗率も91.8%と非常に高い値でした。

2015年度年末年始のLCCは全体的に好調で、2016年も期待ができそうですね。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ