春秋航空、一部のフライトを一時運休

springjapanalogo.png


春秋航空は2016年4月15日から一部のフライトを一時運休することを発表しています。

一時運休する日本路線は、
大阪(関西国際空港)⇔中国/成都(成都双流国際空港)
茨城(茨城空港)⇔中国/揚州(揚州泰州空港)

日本路線で運休する直行便は上記2路線ですが、成都⇔経由地の路線はすべて運休します。運休便の便名は9C8701と9C8702です。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ