飲み物など液体物の機内持ち込みについて

ペットボトル飲料などの飲み物や、シャンプー・化粧水・歯磨き粉・ジェルなど液体物の機内持ち込みについて。
これら液体物の機内への持ち込み制限は、国内線と国際線によって異なります。

■国内線
・飲み物:国内線ではペットボトル飲料などを機内へ持ち込めます。

・お酒:アルコール度数が24%~70%のお酒は1人5リットルまで持ち込み可能。
度数が70%を超えるものは持ち込みも預けることもできません。

・化粧品・医薬品:1容器あたり0.5kgまたは0.5リットル以下で、1人2kgまたは2リットルまで持ち込み可能。


■国際線
・飲み物:荷物チェックをする保安検査場を通ることができません。
検査場通過後の搭乗エリアで購入した飲み物は機内へ持ち込めます。

・お酒:荷物チェックをする保安検査場を通ることができません。
検査場通過後の搭乗エリアで購入したお酒は機内へ持ち込めます。
ただし、アルコール度数が24%~70%のお酒は1人5リットルまで、
度数が70%を超えるものは持ち込むことも預けることもできません。

・化粧品・医薬品:
kinaiekitai.png

100ml(g)以下の容器に入れ、容量1リットル以下のジップロックなどジッパー付きの透明プラスチック製袋に入れます。
1人につき1袋機内持ち込みが可能です。
袋のサイズの目安は縦20cm以下×横20cm以下で、マチ付きではないもの。

保安検査場通過後の搭乗エリアで購入したものに関しては、1容器あたり0.5kgまたは0.5リットル以下で、1人2kgまたは2リットルまで持ち込み可能です。


保安検査場で手荷物チェックされる際、液体物は他の手荷物と別にして検査してもらいます。
注意する点としては、やはりペットボトル飲料の持ち込みでしょうか。
国内線では保安検査場を通過できますが、国際線では通過できませんので、その場で廃棄することになります。
国際線で飲み物を機内へ持ち込む場合は、保安検査場を通過した後、搭乗エリアで購入して持ち込むと良いですね。

機内への飲食物の持ち込みは可能でも実際に食べたり飲んだりすることに関しては、それぞれ航空会社によってルールが異なっています。
LCCでは、お茶などを飲むことは許可していても、お酒を飲んだり食べ物を食べたりすることは禁止しているところが多いですね。


<<スポンサーリンク>>



旅するLCCホームへ