春秋航空、天津&ハルビンを紹介

springsale170122.jpg

春秋航空はサイトにて、中国の天津とハルビンの紹介をしています。
天津は北京の近くに位置するエキゾチックな街並み残る港町、
ハルビンは中国北東部、緯度的には北海道上部ほどに位置するロシアの面影残る都市です。

天津で紹介されているのは、旧市街最大のショッピングストリート「鼓楼文化街」、お土産屋が軒を連ねる「古文化街」、巨大食品街「南市食品街」、イギリスの元高級住宅街「五大道」、120mもある大きな観覧車「天津之眼」。

ハルビンで紹介されているのは、ハルビン建築芸術館「聖ソフィア教堂」、ハルビンを代表するショッピング街「中央大街」、国際氷雪祭りのメイン会場「太陽島公園」。

今の時期ハルビンはさすがに寒そうですね。
天津から北京へは新幹線で約30分で行けます。

現在春秋航空は天津へは大阪から、ハルビンへは名古屋から就航しています。
今月28日からは順次、成田からそれぞれの路線に就航しますね。
運賃は片道5,000円〜です。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ