春秋航空、関空の国際線ターミナル変更に伴い施設使用料が変更に

springjapanalogo.png


春秋航空は2017年3月1日から、関西国際空港の国際線ターミナルを第1ターミナルから第2ターミナルへ変更します。
それに伴い空港施設使用料も変更となります。


kixpsfcpssc.png

関西国際空港ではPSFCと呼ばれる旅客サービス施設使用料と、PSSCと呼ばれる旅客保安サービス料を合わせて徴収しています。

第1ターミナルの国際線では出発時に大人合計3,040円、小人合計1,680円かかります。
国内線は徴収していません。
第2ターミナルの国際線では出発時に合計1,540円かかります。
国内線は出発時410円、到着時360円です。
第2ターミナルでは子供料金はなく一律です。

今回春秋航空は国際線のターミナルを第1から第2に変更なので、これまでの3,040円から1,540円になります。
関西国際空港では国内線は第1ターミナルの利用がお得で、国際線は第2ターミナルの利用がお得ということですね。


kixt2new.jpg

第2ターミナルのアクセス方法は、電車で行く場合は関西空港駅で降りて第1ターミナルビルと逆方向にあるエアロプラザへ進み、1Fから無料の連絡バスに乗ります。
バスの所要時間は7〜9分です。
車で行く場合は第2ターミナルの前にあるP5駐車場を利用します。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ