Vanilla Air(バニラエア)、往復回数券第7弾発売 2017年9月7日

vanillaairkaisuuken170-9.png

Vanilla Air(バニラエア)は本日9月7日16時から、往復回数券を数量限定で発売します。

販売路線と価格は、
東京(成田国際空港)⇔北海道(新千歳空港)4往復
月火水木金のみ有効37,800円  全日有効51,800円  火水木のみ有効29,800円

東京(成田国際空港)⇔北海道(函館空港)3往復
全日有効29,800円

東京(成田国際空港)⇔大阪(関西国際空港)3往復
月火水木のみ有効21,800円  全日有効30,800円

東京(成田国際空港)⇔沖縄(那覇空港)3往復
全日JW809/800のみ有効34,800円

東京(成田国際空港)⇔奄美大島 3往復
全日有効36,800円 

大阪(関西国際空港)⇔奄美大島 3往復
全日有効29,800円 

東京(成田国際空港)⇔フィリピン/セブ(マクタン・セブ国際空港)3往復
全日有効69,800円 

東京(成田国際空港)⇔香港(香港国際空港)3往復
全日有効49,800円

回数券は成田⇔札幌線が4往復分、その他の路線は3往復分です。

販売期間は2017年9月7日16時~10月25日23時59分まで、
有効期間は2017年10月29日~2018年2月1日(除外日:【国内線、セブ線】11月2日~11月6日、11月22日~11月27日、12月22日~2018年1月9日【香港線】12月20日〜2018年1月7日)。

往復回数券の販売は今回で7回目。これだけ続くということは好評なんですね。
東京⇔札幌線の片道1回分の価格を見てみると、平日券が4,725円、全日券が6,600円、火水木のみ券が3,725円です。

回数券は往復での予約で1予約としてカウントされます。片道のみでの利用も可能ですが、1往復分としてカウントされてしまうので注意してください。
購入はYahoo! JAPANのデジタルチケットサービス「PassMarket」にて、先着順です。


<<スポンサーリンク>>



旅するLCCホームへ