AirAsia(エアアジア)の使用機材と座席表

AirAsia(エアアジア)の使用機材と座席表です。
エアアジアは機材に欧州エアバス社のA320型機とA330型機を使っています。
A320型機は近・中距離向け商業旅客機、A330型機は中・長距離向け商業旅客機です。
日本⇔マレーシア・タイ・ハワイ・バリ路線はA330を使用します。


使用機材 
・A320型機


AirAsiaair320.jpg

airasiaa32017.png




・A330型機

AirAsiaair330.jpg

airasiaa33017.png




座席表/シートマップ
・A320型機

AirAsiaair1.png
ariasiaa320kaku.png

エアアジアのA320型機の座席数は180席で、
標準シートプレミアムシートの2種類の座席タイプがあります。

標準シートは通常の座席、プレミアムシートは優先搭乗が可能で1、12、14列目では足元のスペースが広くなっている座席です。
それぞれの座席料金は路線によって異なります。
※座席指定をしない場合は料金はかかりません。



・A330型機

AirAsiaair2.png
airasiaa330kaku.png

エアアジアのA330型機の座席数は377席で、
エコノミークラスの標準シートプレミアムシート、それとビジネスクラスの3種類の座席タイプがあります。

標準シートは通常の座席。
プレミアムシートは足元のスペースが広い座席。
ビジネスクラスはフルフラットベッドになる広々とした座席。


airasiabusiness.png

こちらはビジネスクラスのシートです。
ビジネスクラスの設備は、ユニバーサル電源コンセント、読書ライト、折り畳み式テーブル、調整可能なヘッドレストとフットレストです。


プレミアムシートの後ろ、7列目から14列目まではクワイエットゾーンとなり、
乳幼児、12歳以下の子供は利用出来ない静かな空間となっています。

それぞれの座席料金は路線によって異なります。
※座席指定をしない場合は料金はかかりません。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ