Cebu Pacific Air(セブパシフィック航空)の使用機材と座席表

Cebu Pacific Air(セブパシフィック航空)の使用機材と座席表です。

セブパシフィック航空は機材に欧州ATR社のATR 72と欧州エアバス社のA320型機・A330型機などを使っています。
ATR 72型機は近距離向けのターボプロップ双発旅客機、エアバス社のA320型機・A330型機は中・長距離向けのジェット旅客機です。

日本路線はA320型機かA330型機となります。


使用機材 
・ATR 72-500型機

CebuATR72.jpg


cebuatr_20161222124141eb8.png




・A320型機

CebuA320.jpg


cebua320_20161222124138fc8.png




・A330型機

a330cebu.jpg


cebua330.png





座席表/シートマップ
・ATR 72-500型機


CebuseatmapATR72.jpg

cebuseat2.jpg

セブパシフィック航空のATR 72-500型機の座席数は72席で、
全てエコノミークラスです。



・A320型機

CebuseatmapA320.jpg

cebuseat1.jpg

セブパシフィック航空のA320-200型機の座席数は180席で、
全てエコノミークラスです。



・A330型機
cebua330seat.jpg

セブパシフィック航空のA330型機の座席数は436席で、
全てエコノミークラスです。


セブパシフィック航空にはビジネスクラスがありませんが、
スタンダード、スタンダードプラス、プレミアムの3種類のシートタイプがあります。
スタンダードは通常の座席、スタンダードプラスは非常口真横で足元が広い席など、プレミアムは非常口真横以外で足下が広い座席です。

日本路線の座席指定料は、スタンダードが700円、スタンダードプラスが1,100円、プレミアムが1,500円です。
座席指定をしない場合は料金はかかりません。

※チケット予約の際、自動で座席指定がされた状態になっています。
そのまま進めてしまうと座席指定料がかかってしまうので、
指定しない方は指定された席をクリックして取り消しましょう。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ