Vanilla Air(バニラエア)、係員による機内持ち込み手荷物の確認を強化


VanillaAirlogo.png


Vanilla Air(バニラエア)が2015年2月1日から機内持ち込み手荷物の確認を強化します。これによって安全性と定時性の向上を図るとしています。


手荷物のチェック強化は安全面の向上もそうですが、重量やサイズがきちんと統制されるという面において、厳しいながらもスッキリする部分があるかと思います。
LCCは持ち込み手荷物の重さなどに厳しいはずなのですが、会社や空港によって対応がまちまちであることが現状です。

きっちり量って調整して、いざ乗り込む時に目視ぐらいのチェックしかない時の徒労感は半端ではありません(笑)
かと思えば同じ会社でも別の空港では厳しく量られることもあります。

今回のようにはっきりしてもらった方が個人的には利用しやすいですし、
また不公平さの解消にもつながると思います。


バニラエアの機内へ持ち込める手荷物としては、身の回り品(ハンドバッグ、パソコンバッグ等)1個と三辺の和の総計が115cm以内(56cmX36cmX23cm以内)の手荷物1個の合計2個です。また2個の重さは合計10kg以内です。

これを超過する手荷物は預けることになりますが、当然ながら当日カウンターでお願いするよりもネットであらかじめ予約しておいた方がずっと安くなります。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ