AirAsia(エアアジア)、ホットシートとクワイエットゾーンを紹介

airasiahotseat.jpg airasiaquietseat.jpg

AirAsia(エアアジア)がFacebookにて、ホットシートとクワイエットゾーンを紹介しています。
ホットシートは足元が広くなっている座席、クワイエットゾーンは機内前方にある優しい間接照明でノイズを最小限に抑えた静かなエリアです。

ホットシートはA320型機とA330型機、クワイエットゾーンはA330型機で設定されています。現在のところ日本からの国際線ではA330型機が使われています。


・A320型機の座席表
a320seatmapair.png

・A330型機の座席表
a330seatmapair.png

A320型機で足元が広くなっているホットシートは最前列と中央付近の非常口の列です。
A330型機のホットシートはプレミアムフラットベッドをのぞく各ブロックの最前列で、クワイエットゾーンは前方7〜14列です。


・A320のストリートビュー


・A330のストリートビュー


機内の様子はストリートビューに対応しています。
これは分かりやすいですね。

利用料金は、クワイエットゾーンでは通常の座席が2,890円、ホットシートが6,900円、それ以外のホットシートが5,900円です。

ホットシートは結構料金がかかりますね。
エアアジアの日本線はどれも長時間なのでゆったりしたホットシートは魅力的ですが、往復で利用すると1万円以上かかってしまうのは悩ましいところです。
なお、ホットシートとクワイエットゾーン利用者はどちらも優先搭乗が出来ます。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ