成田国際空港、2017年3月から自動手荷物預け機を導入

naritalogo.png

成田国際空港は2017年3月30日から、国際線として日本初となる自動手荷物預け機を導入します。 手荷物の預け入れを自動で行えるようになることで、カウンターでの待ち時間が短縮されるとしています。


nrtautobaggage.png

利用方法としては、チェックイン後に自分で荷物をこの機械まで持って行き、バーコードリーダーに搭乗券を読み込ませた後、出力されたタグを荷物に付けて入れます。

設置場所は第1ターミナル北ウイング4階出発ロビーDカウンターで、4台導入されます。
使用航空会社はエールフランス航空、KLM オランダ航空、大韓航空、アリタリア-イタリア航空。

現在のところチェックインは自動チェックイン機で自分でできるようになっていますが、手荷物の預け入れはカウンターで頼まなければなりません。カウンターは様々な業務を担っているのでどうしても混雑することがあります。

空港に着いたら自動チェックイン機でチェックイン→自動手荷物預け機で荷物を預け入れ→搭乗ゲートへ進む、という流れになれば今よりも大分時間短縮になりそうです。
LCCでは手荷物を預ける方は少ないかもしれませんが、それでもこの機械は普及してほしいですね。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ