Air Seoul(エアソウル)、7月から預け手荷物の規定を変更

airseoullogo.jpg


Air Seoul(エアソウル)は2017年7月11日から預け手荷物の規定を変更します。
無料で預けられる手荷物の重量が減り、超過手荷物の料金体系が変更です。

エアソウルではこれまで23kg以下の手荷物を1つ無料で預けられましたが、これを15kg以下に変更。15kgより重い手荷物は超過手荷物となり、有料にて預けることになります。
この変更とあわせて、超過手荷物の料金体系も変更されます。

・変更後の超過手荷物料金
airseoulexbaggagefee.png

日本路線はZONE1なので、預け手荷物を1個追加すると5,000ウォン/50ドル(約5,000円)。
規定の重さを超えたものは、16〜23kgが3,000ウォン/30ドル(約3,000円)、24〜30kgが5,000ウォン/50ドル(約5,000円)です。

ちなみに、エアソウルで機内に持ち込める手荷物は各辺の合計が115㎝未満(55cm×40cm×20cm未満)で、重量が10kgを超えないもの1つです。


<<スポンサーリンク>>







旅するLCCホームへ