バニラエア、「Webユーザビリティランキング 国内線LCC編2017」で総合1位を獲得

vanillaairweb.png

Vanilla Air(バニラエア)は2017年8月3日、トライベック・ブランド戦略研究所の「Webユーザビリティランキング 国内線LCC編2017」にて、総合1位を獲得しました。


■国内線LCCランキング順位
vanilla20171web.png

Webユーザビリティ、つまりサイトの使いやすさということですが、ランキングでは「アクセス性」、「サイト全体の明快性」、「ナビゲーションの使いやすさ」、「コンテンツの適切性」、「ヘルプ・安全性」がランク付けされ、バニラエアはいずれも高い評価を得ています。

中でも「ナビゲーションの使いやすさ」は他社とかなり差が付いており、航空券を検索する際に出発地を選ぶと自動で目的地選択画面に変わり、続いて往路出発日→復路出発日と変わっていくのは非常に利便性が高いと感じます。

サイトの使いやすさやデザインはその会社の印象に直接つながっていくもので、利用するかどうかをそれだけで決めてしまうこともあるほど重要な部分ですね。
バニラエアでは今後もユーザーの立場に立ち、分かりやすく使いやすいようにデザインと技術を向上させていくとしています。


<<スポンサーリンク>>



旅するLCCホームへ